コメントガーデン

商店街活性化への道を拓く(ドイツの例)

大型店出店に伴う中心市街地商店街の衰退は、洋の東西を問わず深刻化しています。

ドイツ人らしいセンスと頑張りを取材したこんな報告記事を見つけました。

記事はこちら  そしてこちらもご覧下さい。

(2014.09.01)

コメントガーデン

 千羽鶴

千羽鶴.jpg5月の東北大震災復興支援企画「まちなか大市」のイベントで、来街者の皆様に折っていただいた鶴を千羽鶴にして仙台へ送りました。七夕に飾っていただこうと願い事の短冊を書いて一緒に送りました。東北復興を願う浜松の人たちの願いが仙台の星空で叶いますように★★★('11.7.29 有楽街商店街 山本 武)

 

コメントガーデン

グランフォンドエディメルクス自転車レース(ベルギーにて)

”走ってきました。”

6月16日 日本発。中部国際空港からヘルシンキ経由ベルギーへ。ブリュッセルで一泊。

6月17日 ブリュッセルから自転車レース会場のユイへ。

    道.jpg  道路.jpg  蟶ょ.jpg

到着後、早速エントリーのためレース会場へ。伝説のロードレーサー、エディ・メルクスとご対面。再会を喜ぶ。一度浜松へ来てほしいと思っている。その時のコースは、まちなかスタート&ゴール、そして浜名湖一周。自転車好きの仲間とかっこよく走りたい。お立ち台に立ってみる。「よーし!頑張るぞ〜!」

    メルケスツーショット.jpg  お立ち台.jpg  下見.jpg

6月18日 「グランフォンドエディメルクス自転車レース」当日。スタート&ゴール地点は自転車レースで世界的に有名な「Huy」ユイの激坂。2qの上りは10%平均、最大20%以上なのだ。おまけにコースを間違え、120qコースを行くつもりが、200qコースを走ってしまった。予期せぬ事態でフラフラ。でも完走。あとは今宵の宿、由緒ある古城ホテルの温泉に浸かればまた元気になる。メルクスいろいろありがとう。楽しい日々はあっと言う間に過ぎる。

  集合写真.jpg  ゴール.jpg  智さん.jpg  Chateau des Thermes.jpg

6月19日 ブリュッセルへ移動。

グラン・プラス広場へ。まずは小便小僧にご挨拶。ムール貝のワイン蒸しが最高においしい。チョコレートもゲット。ムール貝がもっとおいしくなる頃には有名なビール祭り、「オクトーバーフェスト」がこの広場で開催される。

   小便小僧.jpg  グランプラス.jpg  ビュルッセル.jpg

6月20日 ベルギー発。帰国

6月21日 いつもの日本、浜松へ戻ってきた。

ちょっと一言

今回のベルギーも同様ですが、今まで行った海外ではどこでも自転車が走りやすかった。自転車のための環境が未だ追いついていない地域でも、自転車と車を運転する人のマナー、モラルがしっかりしていて、よほどのことがない限りクラクションを鳴らされないです。とりあえず日本のマナーは「キープレフト」ですぞ眼鏡手(パー) ('11.7.28 有楽街商店街 御園井智三郎)

 

コメントガーデン

 本日も快晴

孝尚.jpg毎日、夏らしい見事な快晴が続き、遠鉄デパートの新ビルも順調に建設中です。浜松のまちなかも、少しづつ停滞からの脱出、そして変化の兆しが実現してきました。人口百万以下の日本の地方都市の商店街は何処も厳しい状態です。けれども、東日本大震災では、地域を支えている商店街が改めて見直され、生きる力になっているように思います。浜松は、いろんな面で恵まれてきました。気候、地理的、人口的、この資産を生かしてまちなかに賑わいをとり戻したいexclamation×2 (’11.7.14 ジョイフルモール商店街 鈴木孝尚)